30万円か10万円か…どういう政策にしても必ず文句が出る

2020年4月16日

安倍総理は、コビッド-19の影響で収入が減少した世帯のために条件付で30万円を給付する政策を一転させ、全国民(住民)に条件なく一律で10万円を給付する方針を打ち出しました。

当初の条件付30万円給付のときは

国民A
条件がわかりにくい!
国民B
給付を受けられる世帯が限定的すぎる!

といった批判が相次いでいました。

それを慮ってかどうかわかりませんが、条件付30万円給付案に一度は賛成していたはずの与党・公明党がこれを反故にして、条件なしの一律10万円給付案を安倍総理に強く迫りました。

しかし、この案に対しても

国民C
一度賛成して閣議決定した政策を公明党の一存で変更するなんて、政策決定のプロセスとしていかがなものか!?
国民D
所得の減少のない年金受給者や公務員まで給付が受けられる大義はあるのか!?

といった別の批判が噴出してきました。

Sponsored Link

限られた時間の中で全国民の要求を満たすような政策…なんてけっこう無茶な要求だろうから、これはこれで仕方ないことでしょう。

それにしても、方々から批判を受ける安倍総理がコビッド19に感染しないか心配になってくる。

ところで最近、SNS上でちょっと面白い標語を見つけました。

吉村(大阪府知事):「寝ろ」
百合子(東京都知事):「ありがとう」
井戸(兵庫県知事):「起きろ」
大村(愛知県知事):「寝てろ」

大阪府知事はコビッド19の問題に積極的に取り組んでいて、目に隈をつくってもメディアに出演して情報を発信しています。その体調を労って「寝ろ」といわれています。

東京都知事はパフォーマンス的な要素が強いものの、カリスマ性を発揮して東京都の進むべき方向性を示してくれたことに対して「ありがとう」といわれています。

兵庫県知事は、大阪府知事が大阪-神戸間の往来を自粛するようにとの要請に対して、「よその県のことにまで口を出さない方がいい」という趣旨の発言をしたことで、「もっと危機感を持て」との喝として「起きろ」といわれています。

愛知県知事はやることなすこと空回りしていて愛知県を混乱させたため「寝てろ」といわれています。

こうしてみると都道府県の知事によってリーダーシップやカリスマ性がかなり違っていて、他県から見ていると面白いですね。

吉村大阪府知事と小池東京都知事の再選は固そうですね。



最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link