日本の教育インフラの整備がとんでもなく遅れていると感じた

2020年2月27日

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために安倍総理は全国の公立小中学校に登校の自粛を要請しました。

これを受けて翌28日、日本全国のかなり多くの自治体が春休みまでの休校を決定しました。

事実上2月28日から春休みに突入してしまいました。

僕の住んでいる町でも小学生が大きな荷物を抱えて下校して行く姿を目にしました。

Sponsored Link

ところで、このときは本当に率直な意見として

ショーカラ
(少なくとも)中高学年くらいは自宅でのオンライン授業にしたらいいんじゃない?
なぜ授業まで取りやめる?

と思いました。

まぁ当然といえば当然です。

別に0か10かである必要はない。

学校で状業する or 学校でなければ一切授業しない

という二択である必要ない。まったくそんなことはない。

日本でも完全オンラインの高校もあります。

なぜやらない?

まさに

ショーカラ
いつやるの?
今でしょ!

って状態(古いっ)。

Sponsored Link

ということを家で妻に話してみたところ

ショーカラ妻
オンライン授業やる環境が整ってないんでしょ

って回答。

ショーカラ
今の時代さすがにそれはあり得ないでしょ(笑)

といったのですが、どうやら小中学生のいる友人に聞いたところ

「そんなのない」

という回答。

さすがに今の時代、オンライン授業の環境が整備されてないってことを想定していなかったのでちょっとした衝撃でした。

別に校舎でする授業が悪いと思っているわけではまったくなく

単に、選択肢として教室外で授業配信するという選択肢が準備されていないことに驚きました。

こんなに遅れてるんだね、日本って。

特に世界と張り合う必要はないのですが有用性の高いツールがYouTubeを見るためだけに使われているなんて…

ショーカラ
マジで宝の持ち腐れ

もっといえば教育現場の人たち。

せっかく大きな脳を与えられた人間として生まれてきて、その脳を活用しないなんて

ショーカラ
その脳ミソ本当に宝の持ち腐れ



最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link