PTAは廃止すべき?PTAとの向き合い方を考える

子どもが小学校(特に公立学校)に入学すると同時に卒業までついて回るのがPTA活動。

昔からPTA活動の煩わしさに悩まされた人も少なくないでしょう。

そもそもPTAって必要なのか?

PTAなんて廃止すべき。

そんな声も大昔から上がっています。

このページではPTAの存在意義とPTAにまつわる問題およびその対処法について考えます。

PTAとは

PTAとは
Parent(親)-Teacher(教員)Association(連携組織)
の略

保護者と教員との意思の疎通を図り連携し、その学校に通う児童・生徒の健全な発達に寄与することが組織の目的です。

PTAの存在は戦後のGHQの占領下において日本に広まったといわれています。

Sponsored Link

PTAにまつわるトラブル

PTAを組織する目的(児童・生徒の健全な発達)そのものに異論のある人はほとんどいないでしょう。

にもかかわらずPTAにまつわるトラブルは昔から絶えません。

強制的に加入させられた
会合に参加しないことで差別的扱いを受けた
加入しなかったことで子どもが卒業記念品をもらえなかった
学校施設利用許可を申請したら、遅れて申請されたPTA行事の方が優先された

など。

とてもありがちな問題です。

そもそもPTAは必要か?

PTA活動に積極的に取り組んでいない(悪い意味ではない)保護者からすれば

保護者A
そもそもPTAって必要?
廃止しても困らないんじゃない?

という根本的な疑問があるはず。

しかし実はメリットもいっぱいあるのです。

先生との距離が縮まる

お子さんが小さければ小さいほど保護者が先生と顔を合わせる機会は多くなります。

中学生よりも小学校低学年のお子さんがおられる方が先生とコミュニケーションを図る機会は多いでしょう。

しかし児童の保護者としての立場で先生と接する場合は、そこにはやはり独特の距離感があります。

あくまで

先生子ども保護者

というように子どもを通じて先生や保護者と向き合うことになります。

ところがPTAでの会合においては

先生・保護者子ども

というように「児童の健全な発達」という共通の目的のために同じ目線で活動を行うことになります。

そうすると一定の距離感をもって向き合っていた者同士の距離感がグッと縮まります。

先生対保護者としてではなく子どものために活動する大人として接するようになります。

学校での我が子の様子がわかるようになる

言うまでもなく学校での我が子の様子は保護者よりも先生の方がよくわかっています。

子どもが親には絶対に見せない一面を先生を通じて知ることができます。

先生としても正規の保護者面談では話しにくいような内容もPTA活動の場で話することができるようになります。

先生との距離が縮まれば我が子の学校での様子を聞きやすくなり、先生も学校での様子を話しやすくなるなど、先生と保護者とのコミュニケーションがとりやすくなります。

Sponsored Link

他の保護者の素顔が見られる

普段の保護者は(当然ですが)我が子優先です(当たり前)。日常的に他の子どもを気に掛ける必要もないでしょう。

なので、仲良しの子どもの親同士や、共通の趣味があったりサークルが同じという事情が限り、他の児童の保護者とコミュニケーションをとる機会はそれほど多くはありません。

でもPTA活動では保護者同士が主体となって対象となるすべての子どものために企画・活動するので、今までほとんど話をすることのなかった保護者ともコミュニケーションをとるようになります。

そうすると、自分勝手な印象だった〇〇君の親が実はすごく深い考えを持っていたの知ったり、几帳面に見えていた△△ちゃんの親が実はけっこうズボラだったりと、今まで見ることのなかった保護者の素顔を知ることができ、その距離も近くなります。

ショーカラ
あるいは逆に距離を置きたくなる保護者もいます…(;´・ω・)

地域の情報ツウと親しくなれるかも…

PTA活動は学校内で行われるだけでなく地域社会を巻き込んだ取り組みが行われます。

最も多いのが地域の見守り隊のような登校時の児童の安全を守る活動です。

児童が登校する際に、保護者や先生、地域住民が横断歩道に立って児童が横断歩道を渡り切るのを補助したり、時には横断歩道を横切ろうとする自動車を制止したりします。

このような地域社会を巻き込んだ活動を通じて、普段交流のない地元の人たちとの交流が生まれます。

ひょっとしたら「地元のことはこの人に聞け!!」といわれるような情報ツウと仲良くなれるかも…

保護者によっては地域社会との関わり合いが面倒だと感じる人も少なくないでしょう。

でも僕も含めほとんどの人が地域社会の一員として生活していますし、子ども達は地域社会に育てられるので、地域社会との関わり合いを断つのは望ましいとはいえません。

PTA問題を解決するには?

一応のメリットがあることは多くの人が理解できることですが、PTA活動に参加することを委縮させる原因になっているのがPTA活動にまつわるトラブル

上記で4つほどトラブル事例を挙げましたが、この手の話は本当に昔からよく聞きます。

こういう事態にならないためにはどうしたらいいのか?

実は解決方法は驚くほど単純かもしれません。

団体の性質を理解して尊重する

PTA問題に対して効果的で近道の解決方法は

団体の性質を理解して尊重する

ことです。

『PTA』というと子どもが入学したら自動的に加入させられる親の義務だと勘違いしている人はいないでしょうか?

たとえば給食費の支払いのために口座引き落としを依頼したらPTA活動費まで自動で引き落しされるようになっていた…とか。

結論からいえば

強制加入ということは一切なく純然たる任意加入団体

です。

つまり、PTAに加入したい保護者は加入すればいいし、入りたくなければ入る必要はない団体ということです。

今まではPTAという団体は児童が入学したら保護者が強制的に加入させられる(もしくは加入しなければならない)団体だと誤解されていました。

そのためPTA活動をやりたくもない人が加入し、出たくもない会合に出席させられるということが起こっていました。

このような事態を防ぐためには大前提としてPTAへの加入は任意であるということをしっかりと理解する必要があります。

近年はテレビなどでもPTA問題が取り上げられるようになったため、徐々にPTAが任意加入団体であるということが周知されるようになってきました。

にもかかわらず依然としてPTA問題は残っているという話を聞きます。

それはなぜか?

PTA側の方が任意団体であることを前提とした活動をしていないからです。

言い方を変えればPTAの体質が変わっていない(任意加入団体という前提を無視している)からです。

PTAの方が任意加入を前提にしたボランティア団体であるということを徹底していないため、依然として保護者に対し強気な対応に出てきます。

このようなPTAの体質は改善されなければなりません。

Sponsored Link

具体的な対策

まず、先生・保護者・PTAの誰もが『PTAは任意団体である』ということをしっかりと理解し、これを尊重・遵守するならば

強制的に加入させられた
会合に参加しないことで差別的扱いを受けた

なんていうことは起こりません。

保護者の意思でPTAに加入した以上、PTA内のルールは守る必要がありますが、そうであったとしても会合の出欠やPTA活動における保護者の自主性は尊重されなければなりません。

どうしても会合への出欠で差別的扱いを受けるようなら、その場合にはそんなPTAからは退会した方が良いでしょう。

その程度の人たちの集まりということです。

加入しなかったことで子どもが卒業記念品をもらえなかった

これもよく聞く問題です。

僕の場合は卒業記念品として自分の認印をもらいました。
生まれて初めて手にした自分の名字の入った印鑑で、それを卒業式の日にいただいたのでちょっと大人になった気分になりました。
ちなみにその印鑑は今でも使っています。

これは差別的取扱いというかどうか微妙な問題ですが、親のPTAの問題で子どもが不公平感を覚えるようなことがあると大変問題です。

子どもの健全な発達のために組織されたはずのPTA活動によって子どもが不公平感を覚えるようならば、そんな組織は解散した方がイイでしょう。

これも解決方法はいたってシンプルです。

実費徴収すればいいだけです。

確かにPTA活動費を負担していない保護者の児童に対してまでPTA活動費から記念品を贈呈しないといけないか?といわれると、PTA側の心情としても理解できる部分があります。

だからといって、そういう児童を初めから相手にしないというのはまったく理解できません。

むしろ、そういう子に対して、不公平感を抱かなくて済むような方法がないかどうかを考えるのがPTAの役割でしょう。

卒業記念品のみの実費徴収であれば反対する保護者はほとんどいないでしょう。

仮に実費徴収に反対する保護者がいたとするならば、『保護者の許可を得られた児童』に対して記念品を贈呈した形にするなど、PTAから不当な取扱い受けたような印象を与えないような方法で対処することも可能です。その場合であっても、PTA側としては反対する保護者に対して十分に説明を行うことが求められるでしょう。

学校施設利用許可を申請したら、遅れて申請されたPTA行事の方が優先された

これは先生側(学校側)がPTAの任意団体としての性質をしっかり理解し、それに沿った形で運用しなければなりません。

学校教育法第137条(学校施設の社会教育への利用)

学校教育上支障のない限り、学校には、社会教育に関する施設を附置し、又は学校の施設を社会教育その他公共のために、利用させることができる。

学校教育法によれば「学校教育上支障のない限り」学校の施設を社会教育その他公共のために利用させることができます。

「利用させることができる」とあるとおり、利用させるかどうかは学校側の判断に委ねられるころになります。利用を認めることもできるし、利用を拒否することもできる。

問題は、外部団体による活動とPTA活動と競合した場合に、施設利用許可申請が遅れて出されたPTA活動の方を優先することができるかどうか?ということです。

結論からいえば、そのような優遇的取扱いを受ける地位はPTAにはありません。PTAは任意団体であって学校教育の一翼を担うような公的な団体ではありません。

また、学校教育法第137条をみても、学校側にとって都合のいい団体を優先的に取り扱うことができるような趣旨は読み取ることができません。

この問題は学校側がPTAの団体としての性質を理解したうえで、法律を遵守し適切に運用すれば起こり得ないはずの問題なのです。

Sponsored Link

正しく理解し正しく活用を!

PTAは「義務的に入らないといけない」と考えてしまうと厄介で面倒くさい存在になってしまいがちです。

しかし『PTAは入りたくなければ入らなくてもいい』というのが大前提の任意加入団体です。

これを正しく理解し、正しい距離感を保つことがPTAを活用していくポイントです。

またPTAから生じる不当な差別的取扱いも、この団体としての性格をキチンと理解していないために起こる問題です。

PTAを上手く活用するためには、学校・先生・保護者がPTAという団体の性格を理解し、法律を遵守して適切に運用していくことがPTA問題を解決するための近道です。



最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link