首里城火災!正殿崩落!!急に自分の家も心配になった

2019年10月31日深夜、沖縄県那覇市にある沖縄のシンボル【首里城】で火災が発生し、正殿、北殿、南殿など6棟が焼失した。

首里城といえば沖縄の観光地で真っ先に挙げられるほど沖縄を代表する観光地です。

私も訪れたことがあります。

首里城にある守礼門は今はまったく見かけない2000円札にも描かれています。

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。
琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城であった。戦前は正殿などが旧国宝に指定されていたが[1]、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている。1980年代前半の琉球大学の西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。

Wikipediaより

沖縄県民のみならず、日本国民にとってこれっぽっちも想像もしていなかったような事故(事件?)が起こってしまいました。

Sponsored Link

首里城火災崩落

原因は今のところ定かではありません。

失火かもしれないし放火かもしれない。

でも、改めて考えてみると、火事・火災って(放火を除いて)自分で起こそうと思って起きるものではありません

いつ何かの原因で自分の家で失火があるかもしれないと思うと、
ヒーターなどの燃焼器具を使う機会が増えるこれからの時期、火災と一酸化炭素中毒は常に気にしていないといけないと改めて感じました。



最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link