【What’s New Generator】使い方次第で活用の幅が広がる!

ワードプレスのプラグインの中でとても気に入っているのが【What’s New Generator】です。

このプラグインは企業のホームページの上の方にある「新着情報」みたいな感じでお知らせをトップページに追加することができます。

どノーマルの状態で今まで使ってきましたが、軽微な訂正をした記事まで新着情報に挙がってきてしまうので若干の使いにくさを感じていました。

でも少し使い方を変えただけでWhat’s New Generatorの使える幅が格段に広がったので覚書として残しておきます。

What’s New Generatorとは

What’s New Generatorとは、ウェブサイト内の新着記事や更新記事を新着情報でお知らせするためのプラグイン
Sponsored Link

よく企業のホームページのトップページなんかに設置されている「新着情報」「お知らせ」「New」「Information」といったタイトルで最新の更新情報やお知らせを箇条書きで掲載している例のアレです。

WordPressにも似たようなプラグインがあり、それがWhat’s New Generatorです。

このプラグインを使えば新着情報や更新情報を箇条書きでトップページに掲載できるようになります。

基本設定

インストールから基本設定までの方法については様々なページで公開されているので、そちらを参考にしてみてください。

ちなみに私が参考にしたページはこちらです。

メルプラ

新しい記事は一刻も早く見てほしいもの。 新着記事が目立つテーマなら良いですが、無料テーマでは目立たないこともあります。 …

ワードプレステーマTCD

Webサイトを運営していく上では読者を飽きさせない工夫が必要となってきます。そこで今回は、WordPressの更新情報を…

使い方

基本的には「使い方」というような小難しい使い方は必要ありません。

インストールして基本設定をするだけです。

それでおしまい。

これで、記事を投稿したり記事を更新したりする度に「新着情報」の欄に新着記事のタイトルが自動的に表示されます。

ショーカラ
なんて便利なプラグインなんだ!

不満点

表示する記事が大雑把にしか選べない

新着情報に表示される記事は「公開した記事」または「更新した記事」です。

「公開した記事」の場合は「新規投稿」のみ表示されます。

「更新した記事」の場合は「新規投稿」と「投稿の更新」の両方が表示されるようになります。

ここで問題になるのが、

ショーカラ
「新規投稿」と「投稿の更新」の両方を表示したい
ショーカラ
でも誤字の訂正のような軽微な更新は表示させたくない

というわがままな人(←はい、私です)

この場合にはプラグインの設定だけではどうしようもないので後記する方法で対応する必要があります。

見出しデザインを選べない

「新着情報」や「New」という見出しのデザインは、ウェブサイトの投稿用の見出しデザイン(hタグ)からしか選択できません。

投稿用の見出しデザイン(hタグ)の中から「新着情報」の見出しデザインを選ぶ必要があります。

この辺りに柔軟性があればなお良いのですが、現状は投稿用のhタグから「新着情報」の見出しのデザインを選ぶ必要があります。

もしかしたらcssをいじることで「新着情報」用の見出しを作成できるかもしれません

この点についてはキチンと調べていないので、ご自身で調べてみて下さい。

表示させる記事を選ぶには?

Sponsored Link

What’s New Generatorを設定するだけでは新着情報に表示させる記事を「公開した記事」か「更新した記事(新規投稿と投稿の更新の両方)」の二択からしか選べません。

「更新した記事」を表示させるように設定した場合、軽微な誤字訂正であっても必ず「新着記事」に表示されてしまいます。

逆に「公開した記事」を表示させるように設定した場合には投稿済みの記事の「更新情報」は表示されません。

解決策:新着情報のためだけに記事を作成

What’s New Generatorのいいところはプラグインの設定だけすれば、投稿や更新した記事のタイトルを勝手に「新着情報」に表示してくれるところです。

余計な煩わしさがないすごく良いプラグインなのですが、かえって利用者のわがままに対応できないという部分もあります。

そこで、その利用者のわがままを補うために、利用者自身ですこし手間をかけてやります。

新着情報を紹介するためだけの記事を作成することでわがままを実現します。

固定ページで記事を作成する

実際に今私が運用している方法は固定ページで新着記事を紹介するためだけの記事を作成するやり方です。

手順はつぎのとおりです。

①プラグインの「表示するコンテンツ」設定を「固定」ページにする

②プラグインの「表示順序」設定を「更新日順」にする

③固定ページで新着情報紹介用に必要な数だけ記事を作成する

この3つだけです。

②の「表示順序」の設定を「公開日順」に設定すると、公開済みの記事を更新したときに新着情報に表示されなくなってしまうので必ず「更新日順」にして下さい。

③について具体的に説明します。

固定ページのタイトルは新着情報で表示したいタイトルにします。

投稿記事のタイトルをそのまま固定ページのタイトルにしてもいいです。

新規投稿のタイトルをアレンジしたフレーズで固定ページのタイトルに設定しても良いです。

このあたりはアレンジ自由です。

次に記事の内容ですが、一番シンプルな方法としては新着情報で表示したい記事のリンクを本文に埋め込むだけです。

あるいは一言だけ「下記の記事を投稿しました。」「下記の記事を更新しました。」という一文を添えてもいいでしょう。

最後にアイキャッチ画像を設定します。

アイキャッチは「お知らせ」とか「info」とか「information」のような文字だけのもので良いでしょう。

凝ったものは別に必要ありません。

これで新着情報に表示させるための記事の完成です。

できあがりのイメージはこのようになります。

見た目は通常のWhat’s New Generatorの表示と変わりません。

新着情報に表示されているフレーズは記事のタイトルと同じにしてあります。

当ブログでは新着情報に5記事を表示させているので固定ページを5記事作成しています。

しかし各記事のリンクをクリックしたときに直接新着(または更新)記事へはジャンプしません。

新着情報に表示されている各記事のリンクをクリックすると、↑のように固定ページに飛ぶようになっています。

新着情報に表示されているコンテンツはあくまで固定ページのタイトルです。

この固定ページの本文に新着記事のリンクを貼ってあります。

固定ページの本文のリンクから各新着記事にジャンプする仕組みです。

新着記事を投稿したり記事の重要な更新をしたときに、この固定ページで作成した記事を古いものから随時更新していきます。

固定ページを更新したときに初めて新着情報に新着・更新記事が表示されます。

固定ページのアイキャッチ画像はすべてこの画像を表示しています。

このへんはお好みで設定しましょう。

すべての固定ページのアイキャッチ画像を同じにしても良いですし、それぞれのページで別のアイキャッチ画像を使用しても構いません。

投稿ページで記事を作成する

固定ページと同じように投稿ページでも新着情報表示用の記事を作成することができます。

手順はつぎのとおりです。

①新着情報表示用の記事のために新たにカテゴリーを作成する

②プラグインの「表示するコンテンツ」設定を「投稿」ページにする

③プラグインの「カテゴリーのスラッグ」設定に①で作成したカテゴリーのスラッグを入力します

④プラグインの「表示順序」設定を「更新日順」にする

⑤投稿ページで新着情報表示用に必要な数だけ記事を作成する

固定ページで新着情報表示用の記事を作成する場合と異なり新たなカテゴリーを作成する必要があります。

そして新たに作成したカテゴリーの記事のみを新着情報に表示させるために「カテゴリーのスラッグ」に新たに作成したカテゴリーのスラッグを設定します。

それ以外のやり方は固定ページの場合と同じです。

投稿ページの本文に新着記事・更新記事のリンクを貼ります。

この方法のメリット・デメリット

デメリット

What’s New Generatorのいいところは、設定さえすれば投稿記事や更新記事のタイトルを勝手に「新着情報」に表示してくれるところです。

余計な煩わしさがないプラグインなのに、この方法にすると、新記事を投稿・記事を更新した後に毎回新着情報表示用の記事を更新するという手間が生じます。

これは最大のデメリットです。

これを忘れるとせっかく新記事を投稿したり記事を更新しても新着情報に表示されません。

毎回この煩わしさを負担しなければならなくなります。

また、通常は新着情報のタイトルをクリックすると直接新着記事にアクセスできるのですが、この方法にすると、いったん固定ページにアクセスすることになります。

そして固定ページの本文にある記事のリンクから新着記事にアクセスをするという2段階になります。

ひょっとするとこの2段階のアクセスを嫌う読者・閲覧者もいるかもしれません。

このあたりはブログ訪問者の動向を分析してみてください。

メリット

新着情報表示用の記事を作成する最大のメリットは新着情報に表示したい記事だけを載せることができるということです。

誤字脱字の訂正であったり、内容に影響のないような文章表現の変更の場合など、あえて新着情報に表示しなくてもいいような更新は新着情報に表示しないことが可能になります。

ほかにも、イベント情報などを表示する場合には

「【お知らせ】イベントを開催します!」

のようなタイトルでイベント告知用に使ったりもできます。

本文に記事のリンクを貼り付けるのではなく、直接に「お知らせ」「告知」などの情報を記載して公開することができるようになります。

新着情報表示用の記事を作成することで、単に新着記事や更新記事のタイトルが公開・更新順に表示されていたものから「Information」「お知らせ」のためのプラグインとして活用できるようになります。

まとめ

新着情報表示用の記事をあえて作成することで新着情報に表示する記事を選択することができる
ブログの記事とは無関係に「お知らせ」「告知」のためのページも作成できる
Sponsored Link

What’s New Generatorは設定するだけでウェブサイト内の新着記事・更新記事を自動で表示してくれる便利なプラグインです。

ノーマルな使い方でも問題ありませんが、What’s New Generatorに表示するための記事(カテゴリー)を別途作成することで、さらに活用の幅が広がるようになります。



最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link